会社設立の案内状

会社設立の案内状はテンプレートを利用して効率的に

会社設立がいよいよ目の前になってくると、やっと先のことが少し見えてきて安心します。面倒でややこしい手続きも終え、本業に集中できると意気込んでいることも多いでしょう。しかし、その前に最後の大事なことがあります。

それが関係各所へのお知らせです。会社は取引先、得意先、仕入れ先など、さまざまな関係で成り立ちます。また、会社設立にあたってお世話になった方や、アドバイスをくれた方、昔に自分がいた会社などにも挨拶が必要です。

この挨拶によって、会社がスタートする合図にもなりますし、コレからお関係をスムーズにすることにもなります。ですから、設立の案内状を出すことは大きな意味があり、常識とも言えます。そんな重要な存在である案内状もまた、頭を悩ます要因になることもあります。

それは、どんな文言がいいのか、レイアウトはどうするかなど、慣れないだけに構成を考えるのにも一苦労です。

会社設立の間際は忙しくて時間の余裕もありません。そんな切羽詰まった中で、案内状の文言などを考えるのは、時間もとれずに手間もあまりかけられません。

しかし、失礼があっては大変です。心のこもった礼儀正しい書式にするには、事前にどのような言葉が適切かなど調べる必要があります。

このような書面は、普段の生活ではなかなか自分では出しません。それだけになれない言葉使い、決まり事も多く、その場ですぐに完成させることは難しいです。しかし、時間もない。そんな時に活用したいのが、案内状用のテンプレートです。

あらかじめ、シーンを想定した内容の文章が作られているので、あとは自分たちの会社に併せて、部分的に変えるだけで完成です。文章も複数あるので、自分たちの立場や志しなどに合わせたものを選ぶことも出来ます。

不自然さもなく、マナーのある案内となります。

会社設立に際しても、大まかなパターンがあるので、それにそくしたテンプレートがあります。ですから、そつなく、ポイントを抑えた案内が作れます。さらにプラスしたいことがあれば、加工するだけでいいので、大幅な時間短縮になります。

このように会社設立の案内には自分たちで一から作ってもいいですが、テンプレートを利用すると失礼もなく、効率的に作成ができます。

その分、会社のスタートに時間を費やすこともでき、無駄なく、でも関係先にも感謝とあいさつを込めて知らせることができるのです。うまく活用して時間短縮に繋げましょう。

  • 会社設立と挨拶状の書き方について 会社設立を行ったときは、それと同時に挨拶状を書く必要があります。 挨拶状は取引先やお客様などに向けて、新しく会社設立を行ったことを挨拶する案内状となるものですが、この挨拶状の書き方をどう …

    挨拶状の書き方

  • 会社設立時に決めた役員報酬の変更 会社設立して事業を始めてみると、売り上げが予想より伸びなかったり、管理費用が思った以上にかかったりと見込み違いが起きるものです。 逆に予想以上に売り上げが伸び、このままでは利益が出過ぎて …

    役員報酬の変更

  • 会社設立の挨拶状は文例だけ参考するのではなく 会社設立となると自分の決意から開業までそれなりに年月がかかります。ましてや企業に勤めながら副業として会社設立も可能な時代、週末起業という言葉も珍しくなくなった昨今、資金さえあ …

    会社設立の挨拶状